学校紹介

HOME > 学校紹介 > 卒業生の声

卒業生の声

翠松高校の卒業生髙橋大輔選手と町田樹選手がソチ五輪の氷上に立ち、共に入賞を果たしました。二人の先輩からみなさんへのメッセージです。
多くの困難を乗り越えた経験から、大切なことを二つ学びました

バンクーバー五輪銅メダリスト・ソチ五輪6位入賞
橋 大輔さん(平成15年度卒)

フィギュアスケートを続けてきた中で、足の故障など多くの困難がありました。それを乗り越えてきた経験から、大切なことを二つ学びました。「人が言ってくれることを聞くこと」と「目標を持つこと」です。自分を支えてくれる多くの人々の言葉は、後になってきっと自分を助けてくれるはずです。そして、時に見失うことがあっても、日々の積み重ねの中から自分自身の目標を見つけ、それに向かって皆さんそれぞれの道で精一杯努力してほしいと思います。
「継続は力なり」どんなに苦しくても目標に向かって進むことの尊さを学びました

ソチ五輪5位入賞
町田 樹さん(平成19年度卒)

私は3歳でフィギュアスケートと出会い、オリンピックという大舞台に憧れ続けていました。スケーターとしてのキャリア20年目にようやく叶ったソチ五輪という大舞台を終え、今思うことは、「継続は力なり」ということです。どんなに順調な時でも謙虚に、どんなに苦しい時でも耐え凌ぎ、自分の目標に向けて進んでいくことの尊さを学びました。私も次なる目標に向けて誠実に歩んでいけたらと思っています。
自分のスタイルで実力アップ!

鳥取大学 医学部 保健学科 看護学専攻
藤澤 樹輝さん(令和元年度 普通科卒)

中学時代の私は、陸上部に所属し、毎日部活動に打ち込んでいました。英語は早い段階でついていけなくなり、いつしか苦手教科になっていました。しかし、翠松に入学して、ほぼ毎日ボキャコンがあったので、通学の電車の中で必死に英単語を覚えました。そして、授業はとにかく集中して聴くようにしました。放課後自習室でその復習をし、先生にすぐ質問できたことも良かったと思います。2年の終わり頃からどんどん英語の読解力がつき、模試でもいい点数が取れるようになってきたのは自分でも驚きでした。
私は、自分の学習スタイルを見つけて実力アップすることができました。今度は皆さんの番です!ぜひ翠松高校で、自分のスタイルを見つけて頑張ってください!
培った諦めない気持ちで看護の道へ

川崎医療短期大学 看護科
森田 明日香さん(令和元年度 普通科卒)

高校時代は、3年間ソフトテニスに打ち込みました。顧問の先生は、すべて自分たちで考え、主体的にやっていけるようにサポートしてくれました。試合で結果が出なくて落ち込んだこともありましたが、結果ばかりにこだわらずにチームメイトと練習に励んだことで、苦しい時やつらい事があった時も、諦めない強い自分に変わっていました。病院で技師として働く兄の影響もあり、看護の仕事を目指そうと思い始めました。救急患者さんのもとにいち早く駆け付け、救急治療を行うフライトナースになりたいと思っています。高校時代に培った強さで、これから看護の勉強や実習を頑張りたいと思います!
高校時代の努力が今の自分を大きくしてくれている

日本非破壊検査株式会社 勤務
島 碧哉さん(令和元年度 商業科卒)

私は構造物や化学プラントの異常、欠陥等を検査する会社に就職しました。入社して1か月間は専門的な知識や技術について研修を受け、現在も日々勉強しています。就職してからも勉強し続けることの大切さを痛感しました。現在は、先輩方に付いて水島コンビナート等の現場へ行き、検査業務を一から覚えているところです。毎日の業務は初めてのことばかりで大変ですが、とても充実しています。そう思えるのは、高校時代に「学ぶ姿勢」や「継続して努力すること」を身につけたからだと実感しています。1日も早く会社や地域社会に貢献できるようにしっかり頑張っていきたいと思います。