学校紹介

HOME > 学校紹介 > 卒業生の声

卒業生の声「日々前進」〜私自身が描いた道を歩んでいます。

翠松高校の卒業生髙橋大輔選手と町田樹選手がソチ五輪の氷上に立ち、共に入賞を果たしました。二人の先輩からみなさんへのメッセージです。
橋 大輔さん(バンクーバー五輪銅メダリスト・ソチ五輪6位入賞)平成15年度卒
フィギュアスケートを続けてきた中で、足の故障など多くの困難がありました。それを乗り越えてきた経験から、大切なことを二つ学びました。「人が言ってくれることを聞くこと」と「目標を持つこと」です。自分を支えてくれる多くの人々の言葉は、後になってきっと自分を助けてくれるはずです。そして、時に見失うことがあっても、日々の積み重ねの中から自分自身の目標を見つけ、それに向かって皆さんそれぞれの道で精一杯努力してほしいと思います。
町田 樹さん(ソチ五輪5位入賞)平成19年度卒
私は3歳でフィギュアスケートと出会い、オリンピックという大舞台に憧れ続けていました。スケーターとしてのキャリア20年目にようやく叶ったソチ五輪という大舞台を終え、今思うことは、「継続は力なり」ということです。どんなに順調な時でも謙虚に、どんなに苦しい時でも耐え凌ぎ、自分の目標に向けて進んでいくことの尊さを学びました。私も次なる目標に向けて誠実に歩んでいけたらと思っています。

進学

様々なことに挑戦できるクラス

川崎医療短期大学 放射線技術科
妹尾 拓斗さん
(平成27年度 普通科卒)

高校時代の一番の思い出は、クラスで様々なことに挑戦したことです。特別進学コースは少人数でしたが、逆にみんなで支え合い、努力することの大切さを教えてくれました。大学受験は大変でしたが、クラスメイトと励まし合うことで3年間頑張れたと思います。おかげで岡山大学にも合格でき、自信がつきました。
精神的にも成長できた3年間

東海大学 国際教養学部 地域創造学科
小澤 悠人さん
(平成27年度 普通科卒)

私は、3年間スキー部に所属していました。最初は体力や技術力アップだけでいいと思っていましたが、スポーツをする上で一番大事なことは人間性であると学びました。技術力だけでなく人前に出ても恥ずかしくないように、人間性までもご指導くださったのが倉敷翠松高校スキー部であり、顧問の先生です。大学でもスキー部で活動していますが、世界をめざして頑張ります。
夢との距離が分かるから頑張れる

鳥取環境大学 経営学部
行本 忠義さん
(平成25年度 普通科卒)

高校時代の思い出は、ひたすら勉強したことです。思い出すのは授業や宿題、実力テスト等と格闘していた自分の姿です。しかし、3年間目標を見失わずがんばれたのは、担任や、進路の先生といつも自分の状況について相談できたからだと思います。現在は経営学を学んでいますが、将来は、環境問題に精通した経営コンサルタントをめざしています。

就職

取得した資格が大きな武器になる

株式会社グロップ 本社勤務
山田 優花さん
(平成27年度 商業科卒)

入社してまだ数ヶ月。社会人としての責任の重さを感じる毎日です。覚えることの連続ですが、高校時代に簿記検定1級をはじめたくさんの検定を取得したことは、経理を担当する現在の仕事に大変役立っています。また、販売実習も良い経験でした。一日も早く業務を覚え、社員としての責任を果たせるようになりたいと思っています。
目標に向かう習慣が社会で活きる

レンゴーロジスティックス株式会社
岡山営業所勤務
楠戸 涼平さん
(平成27年度 商業科卒)

私は、入社後にフォークリフトの資格を取り、リーチリフトを操縦しています。工場内で安全に製品や材料を運搬するには高い技術が必要です。早く高度なリフト操作を身につけて、信頼されるオペレーターになりたいと思います。これからも、高校時代に身につけた、目標に向かって地道に努力する習慣を活かして頑張ります。