学校紹介

HOME > 学校紹介 > 卒業生の声

卒業生の声「日々前進」〜私自身が描いた道を歩んでいます。

翠松高校の卒業生髙橋大輔選手と町田樹選手がソチ五輪の氷上に立ち、共に入賞を果たしました。二人の先輩からみなさんへのメッセージです。
多くの困難を乗り越えた経験から、大切なことを二つ学びました

バンクーバー五輪銅メダリスト・ソチ五輪6位入賞
橋 大輔さん(平成15年度卒)

フィギュアスケートを続けてきた中で、足の故障など多くの困難がありました。それを乗り越えてきた経験から、大切なことを二つ学びました。「人が言ってくれることを聞くこと」と「目標を持つこと」です。自分を支えてくれる多くの人々の言葉は、後になってきっと自分を助けてくれるはずです。そして、時に見失うことがあっても、日々の積み重ねの中から自分自身の目標を見つけ、それに向かって皆さんそれぞれの道で精一杯努力してほしいと思います。
「継続は力なり」どんなに苦しくても目標に向かって進むことの尊さを学びました

ソチ五輪5位入賞
町田 樹さん(平成19年度卒)

私は3歳でフィギュアスケートと出会い、オリンピックという大舞台に憧れ続けていました。スケーターとしてのキャリア20年目にようやく叶ったソチ五輪という大舞台を終え、今思うことは、「継続は力なり」ということです。どんなに順調な時でも謙虚に、どんなに苦しい時でも耐え凌ぎ、自分の目標に向けて進んでいくことの尊さを学びました。私も次なる目標に向けて誠実に歩んでいけたらと思っています。

進学

高校で身につけた学習習慣が活きる

専修大学 ネットワーク情報学部
島内 浪規さん(平成28年度 普通科卒)

僕は、高校時代サッカー部に所属していました。ほとんど毎日練習で、勉強との両立には苦労しました。大学では講義も難しく課題も多い上に、自ら問題を見つけて、考え、解決することが求められますが、高校時代に身につけた主体的で効率的な学習習慣が生きています。特に、ニュースなどを読んで考えをまとめる訓練はとても有効だと思いました。みなさんも頑張ってください。
自分の限界に挑戦した3年間

広島大学 教育学部
池田 恵那さん(平成28年度 普通科卒)

私は、入学時から、将来は教師になりたいと思っていました。バスケットボール部と日々の学習の両立は予想以上に大変でしたが、部活でどんなに疲れてもその日の授業のまとめと復習だけは欠かさずがんばると決めていました。自分の限界に挑戦した3年間でしたが、先生方やチームメイトなど、支えてくれた人々に感謝の気持ちでいっぱいです。教師になる夢を実現するため、これからも1日1日を大切にしていきたいと思います。
自分に合ったペースだから頑張れた

尾道市立大学 経済情報学部
松田 拓朗さん(平成28年度 普通科卒)

大学生になって1ヶ月が経ち、ようやく大学の授業や一人暮らしにも慣れてきました。大学では、戸惑うこともありますが、珍しい授業がたくさんあって興味津々です。高校時代は、サッカー部と受験勉強に明け暮れた思い出しかありません。先生方のアドバイスもあって、早い時期から自分に合ったペースが作れたせいか、あまり勉強に追い立てられた記憶はありません。マイペースでがんばれたのが良かったと思います。

就職

自分の底力を貯める3年間に

三菱ケミカル(株)水島事業所 基盤製造部 操油課 勤務
﨑 陽司さん(平成28年度商業科卒)

入社後の研修でとても印象的だったのは「安全」に対する意識の高さでした。巨大な事業所を担う一員として、自分にもその責任があると思うと、身が引き締まる思いがしました。配属が決まり、これからは実際の業務に必要な知識や技術を学びます。1日も早く習得し、職務を遂行できるよう頑張りたいと思います。高校時代は、自分の底力を貯める時間です。勉強ももちろんですが、部活動など、夢中になれるものを見つけて本気でチャレンジして欲しいと思います。頑張ってください。
きめ細やかな指導が社会で活きる

JA岡山西 吉備路支店勤務
友野 さくらさん(平成28年度商業科卒)

私は、現在共済関係の窓口業務を担当させていただいています。取り扱う保険の種類も多く、覚えることの連続ですが、お客様の生活を支えるとても責任ある仕事であることを思うと、毎日身が引き締まる思いです。翠松の商業科で学べてよかったと思うのは、先生方が授業だけでなく、日頃の生活を通しても礼儀作法などのビジネスマナーを指導してくださったことです。検定指導も充実していて、商業関係の検定を中心に多くの検定を数多く取得できました。学んだ知識を生かして、お客様に信頼されるような職員になりたいと思います。
授業での経験が今を支えている

ホテルグランヴィア岡山 調理部勤務
小田 楓さん(平成28年度生活科学科卒)

食物コースで学び、調理師として社会に出ることができて、とても良かったと思います。研修を終え配属になったばかりで、まだまだ学ぶことばかりの毎日ですが、調理道具の使い方や食材の切り方、盛り付けなど高校での経験が生きていると実感しています。調理コースの授業で学んだ基礎基本を忘れず、早く一人前の調理師になれるよう頑張ります。