学校紹介

HOME > 学校紹介 > 卒業生の声

卒業生の声

翠松高校の卒業生髙橋大輔選手と町田樹選手がソチ五輪の氷上に立ち、共に入賞を果たしました。二人の先輩からみなさんへのメッセージです。
多くの困難を乗り越えた経験から、大切なことを二つ学びました

バンクーバー五輪銅メダリスト・ソチ五輪6位入賞
橋 大輔さん(平成15年度卒)

フィギュアスケートを続けてきた中で、足の故障など多くの困難がありました。それを乗り越えてきた経験から、大切なことを二つ学びました。「人が言ってくれることを聞くこと」と「目標を持つこと」です。自分を支えてくれる多くの人々の言葉は、後になってきっと自分を助けてくれるはずです。そして、時に見失うことがあっても、日々の積み重ねの中から自分自身の目標を見つけ、それに向かって皆さんそれぞれの道で精一杯努力してほしいと思います。
「継続は力なり」どんなに苦しくても目標に向かって進むことの尊さを学びました

ソチ五輪5位入賞
町田 樹さん(平成19年度卒)

私は3歳でフィギュアスケートと出会い、オリンピックという大舞台に憧れ続けていました。スケーターとしてのキャリア20年目にようやく叶ったソチ五輪という大舞台を終え、今思うことは、「継続は力なり」ということです。どんなに順調な時でも謙虚に、どんなに苦しい時でも耐え凌ぎ、自分の目標に向けて進んでいくことの尊さを学びました。私も次なる目標に向けて誠実に歩んでいけたらと思っています。
丁寧な指導で苦手を克服!

香川大学 法学部
岡野 紗穂さん(令和2年度 普通科卒)

私は理数系の科目、特に数学が苦手でした。自習室で復習をしてわからないところはすぐ先生に質問し、わかるまで何度でも丁寧に教えてもらいました。そのお陰で数学を克服できました。英語も、ボキャコンで英単語を毎日少しずつ覚える習慣が身につき、基礎を徹底的に勉強することで、難しいと感じていた英文が読めるようになりました。3年生になる頃には、大学の過去問題集や、以前は苦手だった長文読解問題も解けるようになり、手応えを実感しました。秋ごろの模試では、点数がグングン上がっていき、希望する香川大学に合格できました。大学では、人の役に立てる仕事に就くために法律の勉強をしたいと思っています。同時に公務員試験の講座を受けたり、サークル活動にも積極的に参加して、充実した大学生活を送りたいと思っています!
翠松で得た精神力を胸に、全力前進!

高知大学 教育学部 保健体育教育コース
産賀 菜名さん(令和2年度 普通科卒)

私のモットーは、一度決めたら目標を達成するまで、全力で取り組むことです。翠松高校でバスケットボールをしたいと思い入学したので、毎日とても充実していました。3年の夏には県大会で見事優勝することができました。しかし、そこに至るまでは決して楽しいことばかりではありませんでした。試合に勝てない時期には、お互いを信頼し、一人ひとりの持ち味をプレーに生かす為にはどうしたらいいか、仲間とより良いチームを作るために共に努力しました。この努力が今の私の大きな力になっていると思います。大学では、小学校教諭を目指して、さらに勉強も頑張り、高校で培った精神力と仲間を大切にする気持ちを糧に全力で取り組んでいきたいと思います。
どんな時でも夢をサポートしてくれる翠松高校での学びはこれからの糧

大阪府警 採用
三木 翔馬さん(令和2年度 商業科卒)

将来料理人になって自分の店を持つためには、高校で経営について学ぼうと思い、商業科へ入学しました。専門科目の授業では、先生方から勉強の仕方を一つひとつ熱心に教えてもらい、友達と共に切磋琢磨し、検定取得に向けて頑張ってきました。友達との出会いも一生の宝物です。そして、高校3年生になって、「もっと人の役に立つ仕事をしたい」と警察官になりたいと思うようになりました。公務員試験の勉強や面接練習など、担任の先生や進路指導の先生方に熱心に指導していただき、見事大阪府警から採用の通知。皆さんも、倉敷翠松高校で自分の夢をぜひ実現させてください!