学校紹介

HOME > 学校紹介 > 探究活動

探究活動
愛媛大学 社会共創コンテスト2020 地域課題部門 準グランプリ受賞

愛媛大学社会共創学部主催の全国の高校生を対象に公募した地域社会の課題解決のためのアイデア・活動実績・研究成果を競う「社会共創コンテスト」で全応募作品186点中、倉敷翠松高等学校からエントリーした「抹茶REVOLUTION」〜岡山に抹茶の新たな歴史を〜が準グランプリの栄冠を射止めた。この取り組みは、探究授業の一環で普通科の2年生(山本璃音・中山雪那・甲斐美咲)のグループが取り組んでいるもので、意欲的・実践的な研究が高く評価された。

『「抹茶REVOLUTION」〜岡山に抹茶の新たな歴史を〜』研究概要

審査員からのコメント

本研究は、岡山県に抹茶の生産を広めるため、多方面からその可能性を探っている非常に野心的な取り組みであるといえる。岡山県における抹茶の生産量が少ない背景を明らかにし、県内農家と協働で実際に抹茶を生産することで、実践による抹茶生産の課題を認識している。さらに、抹茶の流通のための収支計算も緻密に行なっており、これらの点は非常に高く評価される。今後はこの研究を発展させ、需要の掘り起こしやブランド化など、流通化に取り組むことで、岡山県に高校発の抹茶文化を根付かせることを期待する。

探究活動とは?
探究活動とは、自ら設定した課題に対し、主体的に学び・考え、答えを導き出すことで課題解決能力を育てていく活動です。チームを組み、グループワークで話し合い課題を設定します。その課題の答えを導き出すため、校外でのフィールドワーク(現地調査)なども行い、その結果を元に議論し、成果をまとめ、プレゼンテーション(発表)を行います。
1.課題を設定する
連島ごぼう
地元食材使ったオリジナル商品の開発
倉敷の特産品「連島(つらじま)ごぼう」を使った オリジナルレシピ「ゴボウの佃煮」の商品開発を企画しました。
連島ごぼうといえば肌が白く甘みもある倉敷の人気食材だね。 地域活性化にぴったりのオリジナルレシピができそうな予感! たのしみっ♪
2.学び・考える
カモ井食品工業株式会社様のご協力のもとオリジナルレシピを開発
カモ井食品工業株式会社様の全面協力
開発にあたり「カモ井の佃煮シリーズ」でお馴染みの倉敷の食品メーカー、 カモ井食品工業株式会社様にご協力をお願いし、商品開発室をお借りしてのオリジナルレシピの開発ができることになりました。
食品の安全性検査
「食の安全」は美味しさへの第一歩!
商品開発はその美味しさはもちろん、安全性も重要なポイントです。 菌検査、保存検査、また濃度計を使用した賞味期限調査もおこないました。 慣れない作業でしたが、商品開発室の皆さんがとても親切に教えてくださいました。
ちょっと緊張してる様子だけど、みんな真剣そのもの。アイデアを出し合いながら、がんばれ〜!
3.答えを導く
オリジナルレシピ「ゴボウの佃煮」の調理
オリジナルレシピ完成!
検査結果を受けて、レシピの改良が必要でした。プロの皆さんの貴重なアドバイスを受け何度も試行錯誤しながら、ようやく自分たちが納得できるオリジナルレシピが完成しました!
ご協力いただきました、カモ井食品工業株式会社の皆様ありがとうございました。
オリジナル「ゴボウの佃煮」レシピ動画
オリジナルレシピの完成を記念して、レシピ動画も制作しました! 調理はもちろん、撮影・編集も自分たちで取り組んだ自信作です。 もしよかったら、皆さんもおうちで料理してみてくださいね。