学校紹介

HOME > 学校紹介 > 在校生の声

在校生の声

自分の成長がはっきり分かる!

普通科 特別進学コース3年
丸亀 皓貴さん(倉敷市立西中出身)

僕は、工学部に進学し、情報通信システムの構築に携わる仕事に就きたいと考えています。翠松の特進コースは自分に向いていると思います。授業は少人数でとても丁寧だし、解らないところがあれば、放課後に補習を組んだり自習室で弱点を補強してくれます。自分の学力が伸びているのがはっきりわかるのでモチベーションも上がります。この調子で、センターまで突っ走ります!

普通科 特別進学コース

同じ目標に向かう友達ができた

普通科 進学コース3年
富永 雄大さん(倉敷市立西中出身)

僕は、入学前から英語に興味があり、将来は海外で就職し、日本と諸外国を結ぶような仕事をしたいと考えています。卒業後の進路も、経済学か語学かで迷いましたが、大学では実践的な英語力をもっと高めることに決めました。翠松高校での生活はとても充実していると思います。目標の近い友達とはお互いに協力しあって頑張れるので心強いです。

普通科 進学コース

実践的で、興味が広がるカリキュラム

普通科 福祉コース3年
守屋 亜輝代さん(倉敷市立真備中出身)

私は、最初介護福祉に興味があり、福祉コースを選びました。授業や介護職員初任者研修資格の勉強は大変なこともありましたが、実践的な学びが多く、就職してすぐに役立つスキルが身についたと思います。様々な勉強を通して障害者福祉にも興味を持つようになりました。今年は児童福祉についても学びます。幼稚園での実習を楽しみにしています。とても充実した毎日です。

普通科 普通コース(福祉・総合)

“ニガテ”を作らない手厚い指導

商業科 情報コース3年
森永 果子さん(倉敷市立新田中出身)

商業科目は、初め慣れなくて難しく感じたこともありましたが、その度に先生方が親身になって指導してくださいました。おかげで今ではとても楽しく学んでいます。検定に挑戦するのも楽しみで、昨年は情報処理検定1級、珠算電卓実務検定1級、ITパスポートにも合格しました。卒業後は大学で英語の実践力をつけたいと思っているので、今年は商業検定だけでなく、実用英検2級にもチャレンジするつもりです。

商業科

作品を完成させる大変さと楽しさ

生活科学科 服飾コース3年
米山 まどかさん(総社市立総社東中出身)

翠松での学校生活は、とにかく楽しいです。私はものづくりが好きで、特に縫製技術を身に付けたいと思って服飾コースに進みました。作品を完成させることの大変さや楽しさを知ることができました。自分の技術を試すために、検定にも挑戦しています。昨年は、洋服検定2級を取得したので、今年は1級を取って卒業したいと思っています。放課後はダンス部で最高の仲間たちと高校最後の「総文祭」に向けて頑張っています。

生活科学科

仲間と支え合って合格めざす

看護科3年
橋本 怜奈さん(福山市立培遠中出身)

看護師に憧れて入学して3年目。今年は、今まで学んできた看護の基礎的な知識を問われる戴帽認定試験を受けます。合格すると、責任の証であるナースキャップを着けて実習に出ることが許されます。自分たちでスケジュールを立て、クラスの仲間と「全員合格」を誓って試験勉強を始めました。不安もありますが、先生方や上級生のアドバイスはとても心強いです。クラスのみんなと支え合って合格を目指します。

看護科

知識を実践力に変えるカリキュラム

看護科5年
福囿 緋里さん(岡山市立福南中出身)

入学した頃のことを振り返ると、いつも看護の勉強や授業の課題提出などに追われていた自分を思い出します。とても辛い日々でしたが、今振り返ってみると、学んだ知識を実践できるレベルにまで高める、とても大切な訓練だったと思います。
今年は仕上げの年です。臨床実習も、より実践力を養う複雑なものになります。看護師の国家試験も近づいてきます。精一杯頑張って、悔いのない一年にしたいと思っています。

看護専攻科