学科・コース

HOME > 学科・コース > 普通科 > 特別進学コース

普通科定員180人

確かな学力を身につけ、幅広い可能性に挑戦しよう!
普通科は、一人ひとりの個性にあわせた進路選択を可能にするための、学力を身につける場所。
学力を高めて将来の選択肢を広げたい人、その先の夢をかなえたい人、それぞれに最適な学びと環境がここにあります。

特別進学コース1〜3年次

5教科(国社数理英)の学力向上を図り、
国公立大学・難関私立大学進学を目指す


平日7時間の授業に加え、土曜日授業や長期休暇中の集中補習等1年生から大学入学共通テストに対応した実践的な授業を展開。進路についても、1年次から受験まで、きめ細かな指導を行います。
特別進学コース
進路
国公立大学
難関私立大学
合格実績は右肩上がり
国公立大学、私立大学への進学とともに、特色ある教育で注目を集めている大学への合格実績も増えてきています。近年の特進・進学コースからの主な合格実績校は下記のとおりです。
広島大学・岡山大学・香川大学・島根大学・鳥取大学・徳島大学・高知大学・静岡大学・鹿屋体育大学・岡山県立大学・山口県立大学・下関市立大学・福山市立大学・尾道市立大学・公立鳥取環境大学・早稲田大学・専修大学・関西学院大学・関西大学・同志社大学・立命館大学・近畿大学・甲南大学・関西外国語大学・京都外国語大学・京都産業大学・ノートルダム清心女子大学・川崎医療福祉大学・就実大学 など
合格をサポートする様々なプログラム
独自のカリキュラム
国公立大学、難関私立大学の合格を見据えた独自のハイレベルな授業
各種検定指導
英検、漢検
7校時・土曜日授業
毎日の7時間授業と週6日体制の授業時間確保
特進勉強合宿(年2回)
国公立大学への学習意欲を高めるための合宿。学校を離れての学習では、上級生との情報交換もでき、良い刺激になります。
特進勉強合宿
放課後の自主学習
平日20:00までは自習室で自学自習が可能。随時担当教員が学習をサポート
集中補習授業
春・夏・冬の長期休暇を有効活用した演習時間の確保
探究活動
主体的に学ぶ活動を通じて思考力を養う
特進保護者会
特進コースの保護者を対象とした保護者会。家庭でも大学入試を支援してもらえるよう、様々な情報を提供しています。
ボキャブラリーコンテスト
毎日実施のチーム対抗英単語テスト。仲間と競い合いながら語い力アップ
外部講師による講習会
様々な大学やその他の教育機関などから直接先生をお招きして、学校や大学での研究、または入試等に関する話を伺います。
岡山大学を招いての説明会
目標に合わせた充実のカリキュラム
目標
  • わかる授業と演習時間数の確保
  • 教科担当の個別指導
カリキュラム
  • 1年次:将来の自分を想像した大学選びを行い、明確な目標を設定。目標達成に向けて、基礎を固め、苦手を克服します。
  • 2年次:大学授業を想定した実践的な授業の展開とサポートプログラムによって、目標へと近づきます。
  • 3年次:自分の定めた目標まであと一年。それぞれの志望校に即した学習で合格へと近づけます。
教科 1年 2年 3年
茶道 1 1  
国語 5 7(8) 7
地理歴史 4 (3) (3)
公民   2 2
数学 6 7 8
理科 6 3(6) (3)
保健体育 3 3 3
芸術 2    
外国語 7 8 9
家庭   2  
情報 2   1
探究 1 1 1
合計 37 37 37
数字は1週間の授業時数 ※令和4年度見込み
“実力養成ラボ” 自習室
始業前、放課後の時間を利用して、多くの生徒が予・復習や演習課題に取り組む自習室。担当教員が生徒の希望に合わせ質問や相談に応じます。継続を力に変えるラボ、それが翠松の自習室なのです。
自習室
3年間密着進路サポート夢を定めるサポート、夢に近づくサポート
入学時から3年先を見据えた学習計画を立て、それを一人で実践することは難しいことです。本校の進路スタッフは、生徒一人ひとりの行く手を示すナビゲーター。大学や入試に関する情報提供はもちろん、定期的なカウンセリングを通して、自分の問題点とその解決方法を探ります。
じっくり取り組め、弱点が「わかる!」に変わる学習環境
普通科 特別進学コース2年
野添 瑠見 さん
(倉敷市立連島南中学校出身)
私は特進コースに入って、数学と英語にじっくり取り組み、わかる!と実感しています。授業では解説をしっかり聞いて、放課後自習室でその日の復習をすぐすることで、わからない問題をそのままにしなくなりました。毎日のボキャコンで英語の語彙力もアップしましたし、復習テストで英文法の弱点も克服できました。
とにかく本が好き
兄の本好きに影響されて私も読書が大好き。時間を忘れて読みふけってしまいます。
生徒会に入って学校のために
仲間と一緒によりよい学校にするためにがんばって活動しようとおもっています。
最先端技術に関わる仕事に就きたい
とにかく新しいもの好き。将来は、新しい技術を使って社会に役立つ仕事に就きたいです。